メールでのマーケティング使用例

メールマーケティングとは興味のあるユーザーや関心を持ったユーザーに対して直接情報を届ける手法のことを指します。企業の商品やサービス情報をこれらの見込み顧客に配信することでより深い信頼関係を築き、コミュニケーションをとって資料の請求や最終目標である販売に結び付けるというところに目標があります。それには段階があり、まず何らかの方法でメールアドレスを収集獲得するところから始まります。そして次に見込み客に資料請求や問い合わせ、商品やサービスの購入へと行動を促す方法がとられます。適切なタイミングで魅力的な提案がなされるとほぼ確実に効果や成果が出るものです。又、時代と共にPCからスマートフォンやタブレット端末の利用者も増加して送付先にも変化が生じて来ています。

アドレスをどうやって収集するかについては

メールマーケティングでアドレスを収集するには、オンラインでは商品の購入者や問い合わせを行った顧客にはそのアドレス記録が残っているので配信の許諾をとるようにします。あるいはサイトの一角に登録用のページを作成しておくことでお知らせ内容に関心を持ってもらえる場合があります。これは強制的であってはならず、必ずマガジンを解除できることも記載しておく必要があります。オフラインではビジネスの現場で名刺交換がよく行われます。最近はそこにアドレスが記載されていることが多いもので、これをデータベースに収集して行くことで効率的に利用することが出来ます。又、社内において引き出しの隅に残っている名刺があれば多少以前のものでもこれらのデータも追加してまとめて保存して資料として使うことが出来ます。

配信先ごとの具体的な内容について

メールマーケティングでは誰に向けてどのような内容の情報を発信すればよいかという問題があります。1つの方法としてターゲットを絞ったものではありませんが同じ内容のものを一斉配信するという方法があります。名前を知ってもらったり記憶にとどめる効果があるとされます。そして定期的にお役立ち情報配信するという方法があります。これもターゲットを絞ったものではないものの、アドレスの存在を確認したり閲覧履歴を確認する上では必要とされるものです。顧客がサイトにおいて商品を購入したのを機会に3日目とか1週間後、2週間後、3週間後、4週間後とかに連続して送信するもので、商品のサポートが行われたり質問等を受け付けるようなアクション行動を起こしてもらうために配信することもあります。後、顧客に合わせた内容のものを送付するという方法もとれます。顧客の誕生日に合わせてとか無料サポートの案内、アクセスの少ない顧客には意外なタイトルで送付するという手法もとれますし、開封率やクリック率、CV率を測定してから対策も立てることが出来ます。

ホームページは、訪問者に訴える力が必要です。訴求力のあるサイトを制作いたします。 ●月●日までにお申し込みの方に特典を進呈中。 リスティング広告を緻密に運用し、費用対効果UP! SEO対策と併せて、ホームページ保守サービスをお申込みのお客様は通常に比べて●%お得です。 サイトの顔となるトップページのデザインは、●円~/1ページ から承ります。 宮下公園(東京都渋谷区)のすぐ近く。 メールマーケティングはWiLLMail!